Webライティング記事構成案の作り方!具体的な手順・テンプレートを公開!

Webライティング記事構成案の作り方!具体的な手順・テンプレートを公開!
今野 直倫

Webライティングで最も重要といっても良いのが、記事構成案の作成です。

ただ、記事校正案の作成が重要だとはわかっていても、具体的にどう作って良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、Webライティングの記事校正案の作り方について詳しく解説していきます。

具体的な手順やポイント、テンプレートも紹介しているので、この記事を読みながら構成案を作成してみてください。

Webライティング記事構成案の作り方【全体像】

Webライティングの記事構成案作成の全体的な流れは、以下に示すとおりです。

  1. キーワード選定
  2. 関連キーワード洗い出し
  3. ペルソナ設計
  4. 見出し・タイトル作成
  5. 備考・留意点の記載

実際に構成案を作成するのは「4. 見出し・タイトル作成」の段階です。しかし、それまでの工程をしっかり行わなければ、質の高い構成案を作成することはできません。

また、構成案を作成した後には原稿の執筆があるので、そこの連携をスムーズにするための工程も必要になります。

Webライティング記事構成案の作り方【5ステップ】

ここでは、Webライティング記事構成案の作り方を5ステップで解説します。記事構成案は構成自体の作成よりもその前のリサーチが重要なので注意しましょう。

具体例を交えながら説明しますが、自分のメディアに置き換えて考えてみてください。

キーワード選定

記事テーマの基となるキーワードを選定します。その際には、メディアや事業に関連するキーワードを、いくつか列挙してみましょう。

例えば、弊社であればWeb制作・マーケティングを行っているので、以下のようなキーワードが考えられます。

  • SEO対策
  • Googleアナリティクス
  • Webライティング
  • ワードプレス
  • Web広告

このとき、キーワードが事業やサービス、商品の発展に貢献するかを検討しておくと良いでしょう。

キーワード選定の方法については、以下の記事でも詳しく解説しています。こちらも合わせてご覧ください。

関連キーワード洗い出し

選定したキーワードを基に、関連キーワードを洗い出します。この関連キーワードの中から、記事テーマを選定するのが一般的です。

関連キーワードを洗い出す際に役立つのが、ラッコキーワードというツールです。

ラッコキーワード画面

例えば、「Webライティング」というキーワードを打ち込むと、以下のような関連キーワードが取得できます。

  • web ライティング 仕事
  • web ライティング 会社
  • web ライティング 案件
  • web ライティング 構成
  • web ライティング 講座 無料
  • web ライティング スキル その他多数

この中からキーワードを選定しますが、実際には150以上のキーワードがあるので絞り込まなければいけません。

キーワードを絞り込む際に役立つのが、Googleが提唱しているキーワードプランナーというツールです。

キーワードプランナーの画面

キーワードプランナーに上記のキーワードを打ち込むと、「検索ボリューム」と「競合性」が取得できます。

基本的な考え方としては、検索ボリュームがある程度あり、かつ競合性の低いキーワードを選定します。

実際には、検索エンジンで実際に競合上位を目視して、狙えそうなキーワードかを確かめますが、今回はそこまでは踏み込みません。

まずは、基本に忠実にキーワードを選定しましょう。

ペルソナ設計

ペルソナ設計とは、ターゲット層を具体的な1人の人物として仮定することを指します。

Webライティングでは、このペルソナ設計が非常に重要です。ターゲット層を具体的にイメージできるかで、本当の意味でユーザーに役立つ記事が書けるかが決まります。

例えば、「web ライティング スキル」であれば、以下のようなペルソナが想定されるでしょう。

  • 性別・年齢:20代男性
  • 職業:一般企業の営業部に所属
  • 家族構成:独身
  • 情報源:インターネット検索・書籍
  • 状況:Webライティングを始めたいが、どんなスキルが必要なのか分からずに悩んでいる。必要なスキルを知って身に付けたい。

もちろん、実際には上記以外の人も検索することはあります。しかし、具体的なペルソナを置くことで記事の具体性が増し、結果的に多くの人に刺さる記事になります。

ペルソナ設計については、以下の記事でも詳しく解説しています。こちらも合わせてご覧ください。

見出し・タイトル作成

選定したキーワード・ペルソナを基に、見出し・タイトルを作成します。見出し・タイトルは、記事の骨格となる重要な要素です。

見出し作成の時点で、記事の良し悪しは8割決まるともいわれています。

タイトル・見出しは、競合上位ページをリサーチした上で作成します。実際に検索エンジンでキーワードを打ち込み、競合上位10ページを目視しましょう。

シークレットウィンドウ

その際、シークレットウィンドウで検索するか、あるいはパーソナライズド検索オフにすることを忘れないでください。

競合上位10ページにある程度共通しているものは、必須の内容と考えて良いでしょう。不要なものは除外しつつ、必須項目を抽出していきます。

関連キーワード

加えて、関連キーワードの内容を含みます。関連キーワードとは、検索結果最下部に表示されるキーワードのことです。

これらは、メインキーワードとともに検索される可能性のあるもので、記事の網羅性を高めるためには欠かせません。

関連キーワードの内容を含むことで、オリジナル性が出てきます。

備考・留意点の記載

最後に、構成案に対する備考・留意点を記載します。構成作成者と執筆者が同じ場合は、簡単なメモ書き程度で良いでしょう。

ただし、企業などでは担当者が違う場合もあります。構成作成者の意図が執筆者に伝わず、ユーザーニーズからズレてしまうと構成案が台無しです。

キーワード選定から記事執筆まで軸がブレないように、備考・留意点は分かりやすく記載しておきましょう。

Webライティング構成案テンプレート【具体例】

上記の流れで作成した「web ライティング スキル」の構成案テンプレートが以下です。

タイトル:Webライティングに必要なスキル・能力とは?基本知識・上達方法も紹介!

h2:Webライティングに必要なスキル・能力とは?
h3:SEO対策の知識
h3:分かりやすい文章構成
h3:簡潔にまとめる力
h3:想像力
h3:Webライティング以外の経験

h2:Webライティングスキル・能力の上達方法
h3:とにかく記事を書く
h3:検索する側の気持ちを考える
h3:検索上位記事を分析する
h3:プロにフィードバックをもらう

h2:Webライティングスキル以前の基本知識
h3:キーワードありきで書く
h3:書く前にリサーチをする
h3:必ず構成から作成する
h3:相手が読みたいものを書く
h3:書いた後に推敲する

h2:まとめ:Webライティングスキルを集客に活かそう

タイトル・h2見出しには、「web ライティング スキル」のキーワードを含んでいます。

また、「必要なスキル」「上達方法」は、競合上位ページも取り入れている必須項目です。一方、「スキル以前の基本知識」はオリジナルの内容になります。

あくまで一例ですが、構成作成の参考にしてください。

Webライティング記事構成案作成に必要な知識

Webライティングの構成案作成の流れ自体は、それほど難しいことはありません。しかし、実際にやってみると、知識不足によって上手くいかない部分が出てきます。

記事構成の作成が上手くいかない場合は、以下の知識不足を疑ってみてください。

記事テーマの知識

記事テーマに対する知識がないと、適切な構成を練ることは難しいでしょう。

なぜなら、どういった文脈で語られているのか、ユーザーがどこに悩みを感じるのかが分からないからです。

例えば、Webライティングを経験したことがない人であれば、SEO対策がどうして重要なのか、そもそもWebライティングがどういった定義なのか分かりません。

構成が上手く組み立てられないときは、記事テーマ自体を理解するところから始める必要があるかもしれません。

一般的な教養

専門的な知識があっても、一般的な教養がないと良い構成を作ることはできません。

なぜなら、記事を読むユーザーは専門家でも何でもない、一般的な人たちだからです。

ユーザーがどういった悩みを抱えているのか、どういったことを知りたいのか、一般人の目線で考えなければいけません。

また、ユーザーがどういった言葉選び、言葉遣いを好むのか等も一般的な教養がなければ分からないでしょう。

専門的な立場にいる人ほど、一般ユーザーに目線を落として考える癖を付けてください。

SEO対策の知識

Webライティングの要となるのがSEO対策の知識です。

Web上の記事は検索エンジンを通じて読まれるため、検索エンジンに最適化した記事を作成しなければなりません。

どれだけ質の高い記事であっても、SEOの基本を守れていないと、上位表示することは難しいでしょう。

最低限、以下のような基礎は押さえたいところです。

  • タイトル・見出しにキーワードを含む
  • キーワードの検索意図を正しく読む
  • HTMLタグを適切に使用する

SEO対策の基礎知識については、当サイトでも詳しく解説しています。以下の記事も合わせてご覧ください。

まとめ:SEOに強い記事構成案で集客力を高めよう

今野 直倫

今回は、Webライティングにおける構成案の作成方法について解説しました。

本記事の要点は、以下のとおりです。

  • 構成案は作成前のキーワード選定、ペルソナ設計が重要
  • ツールを使い、想像力を働かせて、ニーズに合った構成案を作成する
  • 専門的な知識、一般教養に加えて、SEO知識が必要

この記事を参考にして、SEOに強い構成案を作成し、Webライティングに取り入れてみてください。

この記事を書いた人

今野 直倫

今野 直倫

SEOディレクター / Webライター / コーヒー販売
コンテンツディレクターとしてSEO施策・KW選定・構成作成・校正校閲・進捗管理・ライター採用まで担当。コーヒーメディアで記事執筆も。個人ではコーヒー販売を行う。