WordPressのリビジョンを削除・回数制限する方法

今回はWordPressのリビジョンの削除と、リビジョンの回数を制限する方法について詳しく解説しています。

リビジョンを削除することでデータベースの容量を減らしWordPressの高速化を図ることができます。

この記事では、リビジョンのメリット・デメリットと、データベースの知識がない方でも簡単にリビジョンを削除できるように、おすすめのプラグインを2つ紹介しています。

WordPressのリビジョンとは

リビジョンとは

WordPressの投稿や固定ページを、保存・更新するたびに作成されるバックアップデータです。

リビジョンを使用して、記事内容を更新前の状態に復元することができます。

リビジョンは投稿や固定ページの編集画面に表示される「〇件のリビジョン」から確認できます。

リビジョン数が表示される場所

リビジョンを使用して投稿内容を更新前の状態に戻す方法

スライダーをスライドさせて過去のリビジョンを確認できます。下に変更された箇所がわかりやすく表示されます。

リビジョンの確認方法

「リビジョンを復元」をクリックすると、選択したリビジョン(更新前の投稿内容)に戻すことができます。

リビジョンから更新前の状態に戻す方法

リビジョンを削除するリスク

リビジョンを削除するリスク

リビジョンを削除すると、前項で紹介した「投稿内容を更新前の状態に戻す」ことができなくなります。

上記のようなリスクがあることを踏まえて、リビジョンを削除する前にデータをバックアップしておくことをおすすめします。

バックアップを忘れずに

プラグインのインストールや設定の更新前には念のためバックアップをとるようにしましょう!
BackWPup を利用して自動的にバックアップを取る方法

WordPressのリビジョンのメリット・デメリット

WordPressのリビジョンのメリット・デメリットについて解説します。

リビジョンのメリット

  • 投稿や固定ページを更新する度に、自動的に更新前の内容をバックアップしてくれる
  • 投稿や固定ページを更新前の状態に復元することができる

更新内容を保存する度にリビジョンが増えていくので、別ファイルにバックアップする必要がありません。

また、これまでに修正・削除した部分も確認することができます。

リビジョンのデメリット

冒頭でお伝えしたように、データベース容量が増えWordPressの速度低下につながります。

1記事のリビジョンが10件だとして、100記事あればリビジョン数は1000件になります。記事数が多いほど不要なリビジョンを削除する効果が高まります。

WordPressのリビジョンを削除できるプラグインの紹介

ここではWordPressのリビジョンを削除するためにプラグインを使うメリット・デメリットと、リビジョンの削除におすすめのプラグインを2つ紹介します。

プラグインを使うメリット

プラグインを使うメリットは、安全かつ簡単にリビジョンを削除することができることです。

データベースを操作するSQLという言語を入力してリビジョンを削除することも可能ですが、データベースの知識がないと、間違って必要なデータまで削除してしまう恐れがあります。

万が一を考えてプラグインを使うことをおすすめします。

プラグインを使うデメリット

プラグインを使うデメリットはほぼありません。

しいて言えば、プラグインをインストールする手間や使い方を確認するくらいですが、この後のセクションで詳しく解説しているので安心してください!

WordPressのリビジョン削除におすすめのプラグイン2選

WordPressのリビジョンを削除におすすめするプラグインは以下の2つです。

  • WP-Optimize
  • Optimize Database after Deleting Revisions

どちらも複雑な設定は不要で、簡単にリビジョンを削除することができます。

以下で2つのプラグインを紹介します。

WP-Optimize

WP-Optimizeのイメージ
有効インストール数900,000+
評価
評価数1,121
WordPress5との互換性あり

WP-Optimizeの公式サイトはこちらです。

WP-Optimizeは有効インストール数・評価ともに高い人気のプラグインです。

リビジョンをすべて削除するなら、日本語表記(一部)で実行も簡単なWP-Optimizeを使用するとよいでしょう。

Optimize Database after Deleting Revisions

Optimize Database after Deleting Revisonのイメージ
有効インストール数100,000+
評価
評価数166
WordPress5との互換性あり

Optimize Database after Deleting Revisionsの公式サイトはこちらです。

Optimize Database after Deleting Revisionsは、投稿や固定ページなどリビジョンを削除する項目を指定できます。

また、リビジョンを削除する際に、いくつかのリビジョンを残しておくことができます。

それでは、各プラグインの使い方を一つずつ詳しく解説していきます。

WP-Optimizeでリビジョンを削除する方法

ここではWP-Optimizeのインストールから、使い方まで解説しています。

WP-Optimizeのインストール手順

バックアップを忘れずに

プラグインのインストールや設定の更新前には念のためバックアップをとるようにしましょう!
BackWPup を利用して自動的にバックアップを取る方法

WordPress管理画面を開いたら「プラグイン」→「新規追加」の順にクリックしてください。

プラグインの新規追加方法

キーワード入力フォームに「WP-Optimize」と入力し、「今すぐインストール」→「有効化」の順にクリックしてください。

WP-Optimizeのインストール方法

これでWP-Optimizeのインストールは完了です。

WP-Optimizeの使い方

WordPress管理画面から「WP-Optimize」をクリックしてください。

「WP-Optimize」をクリック

下図の画面からデータベース内の各データを最適化することができます。

WP-Optimizeの管理画面

WordPressのリビジョンを削除するには「すべての投稿リビジョンをクリーン」の横にある「最適化を実行」をクリックしてください。

「すべての投稿リビジョンをクリーン」から「最適化を実行」をクリック

これで投稿リビジョンの削除は完了です。

他にも不要なデータがあれば削除してもよいでしょう。

英語表記された項目は以下の通りです。

Clean all auto-draft posts自動保存されたデータを削除できます
Clean all trashed postsゴミ箱に入っているデータを削除できます
Remove spam and trashed commentsスパムコメントやごみ箱に入っているコメントを削除できます

最適化したい項目をチェックして「Run all selected optimizations」をクリックするとまとめて実行できます。

「Run all selected optimizations」をクリック

WP-Optimizeでリビジョンを削除する方法は以上です。

Optimize Database after Deleting Revisionsでリビジョンを削除する方法

ここではOptimize Database after Deleting Revisionsのインストールから、使い方まで解説しています。

Optimize Database after Deleting Revisionsのインストール手順

バックアップを忘れずに

プラグインのインストールや設定の更新前には念のためバックアップをとるようにしましょう!
BackWPup を利用して自動的にバックアップを取る方法

WordPress管理画面を開いたら「プラグイン」→「新規追加」の順にクリックしてください。

プラグインの新規追加方法

キーワード入力フォームに「Optimize Database」と入力し、「今すぐインストール」→「有効化」の順にクリックしてください。

Optimize Database after Deleting Revisonのインストール方法

これでOptimize Database after Deleting Revisionsのインストールは完了です。

Optimize Database after Deleting Revisionsの使い方

プラグイン一覧から「Optimize Database after Deleting Revisions」の下にある「Settings」をクリックしてください。

Optimize Database after Deleting Revisonの使い方

リビジョンを削除する項目にチェックをいれてください。

リビジョンを削除する項目にチェック
post投稿
page固定ページ
user_requestカスタム投稿
wp_block Gutenbergのブロック

指定した日数より前のリビジョンを削除したい場合は「Delete revisions older than」にチェックを入れ、日数を入力してください。

リビジョンを削除する基準日を入力

「Maximum number of – most recent – revisions to keep per post / page」にチェックを入れ、残したいリビジョン数を入力してください。

残したいリビジョン数を入力

すべてのリビジョンを削除する場合は「0」と入力してください。

リビジョンに関する設定は以上ですが、残りの項目も紹介しておきます。

Optimize Database after Deleting Revisonの設定
Delete trashed itemsゴミ箱のデータを削除します
Delete spammed itemsスパムデータを削除します
Delete unused tags未使用のタグを削除します
Delete transients未使用のタグを削除します
DO NOT DELETE TRANSIENTS:キャッシュを削除しない場合に選択
DELETE EXPIRED TRANSIENTS:期限切れのキャッシュを削除する場合に選択
DELETE ALL TRANSIENTS:キャッシュをすべて削除する場合に選択
Delete pingbacks and trackbacksピンバック・トラックバックを削除します
Clear oEmbed cache oEmbedキャッシュを削除します
Clear orphans孤立した使用されていないデータを削除します
Optimize InnoDB tables too データベースのテーブルを最適化します
Keep a logログを残す場合にチェック
Scheduler自動で最適化を行う設定ができます
NOT SCHEDULED:自動化しない場合に選択
run optimization HOURLY:1時間に1回
run optimization TWICE A DAY:1日2回
run optimization DAYLY:1日1回
run optimization WEEKLY:毎週1回
run optimization MONTHLY:毎月1回
Show ‘1-click’ link in Admin Bar* 管理画面の上部に、プラグイン設定画面へのリンクを設置します
Show an icon in the Admin Menu*管理画面のメニューに、プラグイン設定画面へのリンクを設置します

最適化を除外したいテーブルがあれば、該当するテーブルにチェックをいれてください。

最適化を除外したいテーブルにチェック

「Save Settings」をクリックして設定を保存してください。

「Save Settings」をクリック

設定は以上です。それではリビジョンの削除を実行しましょう。

「Go To Optimizer」をクリックしてください。

「Go To Optimizer」をクリック

「Analyze(summary)」か「Analyze(detail)」をクリックすると削除するデータを確認することができます。

「Analyze」をクリック
Analyze(summary)削除されるデータ数が表示されます
Analyze(detail)各投稿や固定ページごとに削除するリビジョン数など詳細なデータが表示されます

「Optimize(Summary)」か「Optimize(detail)」をクリックするとリビジョンの削除が実行されます。

「Optimize」をクリック
Optimize(Summary)実行結果が表示されます
Optimize(detail)テーブルごとの実行結果が表示されます

Optimize Database after Deleting Revisionsでリビジョンを削除する方法は以上です。

プラグインを使わずにリビジョンを削除する方法(上級者向け)

注意

やり方を間違えると、データベースに不具合が起きたり、必要なデータを削除してしまう事があるかもしれません。

データベースの知識がない方は、前項で紹介したプラグインを使用してください。

この記事ではphpMyAdminからリビジョンを削除する方法を解説します。

WordPressに使用しているデータベースを選択して「SQL」をクリックしてください。

WordPressに使用しているデータベースを選択して「SQL」をクリック

データベース「○○」上でクエリを実行する:に、下記のSQLコマンドを入力してください。

SQLコマンドを入力

リビジョンを削除するSQLコマンド

DELETE FROM wp_posts WHERE post_type = 'revision';

WordPressのリビジョン回数を制限する方法

WordPressのリビジョン回数を制限する方法について解説します。

PHPファイルを修正する場合は必ずバックアップを取ってください。

バックアップを忘れずに

プラグインのインストールや設定の更新前には念のためバックアップをとるようにしましょう!
BackWPup を利用して自動的にバックアップを取る方法

リビジョン回数を制限するにはWordPress内にある「wp-config.php」というファイルを編集しなければなりません。

wp-config.phpはWordPress管理画面から編集できないためFTPソフトを利用するとよいでしょう。

FTPソフトから「wp-config.php」ファイルをPCにコピーしてください。

wp-config.phpファイルをPCにコピー

エディターで下図のようにコードを入力してください。(下記のコードをコピペできます)

define('WP_POST_REVISIONS', 5);と入力

「require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);」より上に入力しなければ、リビジョン数が制限されません。

リビジョン回数を制限するコード

define('WP_POST_REVISIONS', 5);

上記のコードはリビジョン回数の上限が5回です。「5」と記入している数値を変更してリビジョンの上限回数を変更できます。

編集が終わったwp-config.phpファイルを、サーバー上のwp-config.phpに上書き保存してください。

wp-config.phpを上書き保存

以上で、WordPressのリビジョン回数を制限することができるようになります。

まとめ

リビジョンや不要なデータを削除してデータベースを最適化することは、サイトを長期運用するうえで重要です。

この記事で紹介したプラグインを使用して定期的にデータベースの最適化をしましょう。

知識ゼロから学べるWordPress入門

WordPress初学者向けに
解説記事を無料公開しています!
WordPress解説(入門編)

この記事を書いた人

Yoshihiko Hoshino

Yoshihiko Hoshino

フロントエンドエンジニア
当サイトの「WordPress入門」は、これからWordPressをはじめる方に向けて”どこよりも丁寧に”を心がけて書いています。