本業フリーランスWebライターで生活できる?経験者がリアルな年収を紹介!

本業フリーランスWebライターで生活できる?経験者がリアルな年収を紹介!

フリーランスのWebライターが増えており、自身もWebライターとして独立を考えているという人も多いでしょう。

ただ、「本当にWebライターで生活できるの?」「本業フリーランスWebライターの年収って?」と疑問に思っている方もいるかもしれません。

今回は、本業フリーランスWebライターで生活できるのかを、現役Webライター兼ディレクターの私が解説します。

この記事を読んで、本業フリーランスWebライターのリアルを知り、自身が進むキャリアの参考にしてください。

本業フリーランスWebライターで生活はできる

結論からいうと、本業フリーランスWebライターは十分に生活することができます。簡単に計算してみると、十分に達成可能なことがわかるでしょう。

例:
1記事5,000円×2(1日)×20日=20万円

1日2本書けば、新卒のサラリーマン程度の月収になります。実際、私が運営に携わっているメディアのWebライターさんは、ほとんどが本業フリーランスです。

「Webライターは、低単価で買い叩かれる」といわれることもありますし、一部そういった事実もあります。しかし、全てのWebライターが買い叩かれているわけではありません。

本業フリーランスWebライターのリアルな年収

私が本業フリーランスWebライターだったころの月収は、最高で35万円程度でした。その状態が続いたとして年収で計算すると、おおよそ400万円程度になるかと思います。

ただし、その後Webディレクターの仕事も任せてもらえるようになったので、正確な数字は分かりません。また、35万円程度を稼げるようになるまでに、1年くらいかかっています。

初めはきついし稼げない

Webライターを始めたばかりのころは、きつい上に稼げないという場合もあります。なぜなら、なかなか案件が獲得できず、実績がないため単価も低くなりがちだからです。

ただし、これはあくまで私の場合で、もう少し上手くやれば苦労せずに済んだと思います。優良案件をスムーズに獲得する方法は、以下の記事で解説しているので参考にしてください。

半年くらいで食えるように

私の場合は、何も知らずにWebライターになったので、食えるようになるまで半年くらいかかりました。「食えるようになった」とは、具体的には「月に20万円稼げるようになった」ことを指しています。

今思えば、かなり遠回りして20万円に到達した気がしています。しっかり戦略を立ててWebライターを始めれば、3ヶ月くらいで達成できたと思います。

Webライターを本業にするのが不安な方へ

いくら私が本業フリーランスWebライターで食えるようになったとはいっても、不安だという方は多いと思います。実際、私も当時はとても不安でした。

Webライターを本業にするのが不安な方は、まずは副業である程度稼げる状態を作ってから、独立に踏み切るのが良いでしょう。

また、Webライターは正直にいえば、契約を切られやすい存在です。記事単位での契約となるため、何らかの理由で記事が発注できなくなると、仕事を失う可能性があります。

したがって、案件を1社に集中させずに、何社かと契約しておくと安心です。1社からの案件が止まっても大丈夫な状態を作ることで、リスクヘッジになります。

本業フリーランスWebライターで豊かな生活を

稼げないのではないかと心配されるWebライターですが、収入だけでいえば会社員でもらえる金額を超えることは十分可能です。また、時間や場所の縛りもないため、理想のライフスタイルが実現しやすい職業といえます。

本業フリーランスWebライターの収入以外のメリットについては、以下の記事で詳しく紹介してます。こちらも合わせて参考にしてください。

この記事を書いた人

今野 直倫

今野 直倫

SEOディレクター / Webライター / コーヒー販売
コンテンツディレクターとしてSEO施策・KW選定・構成作成・校正校閲・進捗管理・ライター採用まで担当。コーヒーメディアで記事執筆も。個人ではコーヒー販売を行う。