Googleアナリティクスでのアクティブユーザーの調べ方!増やす方法も紹介!

Googleアナリティクスでのアクティブユーザーの調べ方!増やす方法も紹介!
今野 直倫

Googleアナリティクスの基本的な指標の1つである「アクティブユーザー」。

しかし、「そもそもアクティブユーザーってどういう意味?」「アクティブユーザーってどうやって増やすの?」そう思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はそういった方へ向けて、Googleアナリティクスのアクティブユーザーについて詳しく解説していきます。

この記事を読めば、アクティブユーザーの概要が掴めるだけでなく、調べ方や増やし方など具体的な部分についても確認できます。

アクティブユーザー(AU)の定義とは?

アクティブユーザー(AU)とは、特定の期間内にWEBサイトを1回以上訪れたユーザー数を表す指標です。

例えば、月間アクティブユーザー数(MAU)なら、1ヶ月という期間内に訪れたユーザー数を指します。

その他、1週間なら週間アクティブユーザー数(WAU)、1日なら日別アクティブユーザー数(DAU)です。

「特定の期間内」に「1回以上訪問」したユーザーを1単位とするというところがポイントです。

非アクティブユーザーについて

非アクティブユーザーとは、活動をしていないユーザーのことを指す概念です。

アプリやサービスを対象とするときによく使われ、主に「登録だけして利用していないユーザー」を指します。

WEBサイトの場合は「登録」というアクションがないため、非アクティブユーザーは以下のように捉えられるでしょう。

  • キャンペーン目的のユーザー
  • WEBサイト運営の関係者
  • ボットによるアクセス など

こういったユーザーは本来の目的からは外れたユーザーなので、Googleアナリティクスの計測から除外することをおすすめします。

ユニークユーザー(UU)との違い

アクティブユーザーとユニークユーザーには、以下のような違いがあります。

  • アクティブユーザー:特定の期間内にWEBサイトを1回以上訪れたユーザー数
  • ユニークユーザー:WEBサイトを1回以上訪れたユーザー数

上記の違いを見てもわかるように、両者の違いは「特定の期間」が設けられているかどうかです。

しかし、Googleアナリティクスでデータを解析する際は、期間が設定されていることがほとんどです。

したがって、ほとんどのケースでアクティブユーザーとユニークユーザーは同じように扱われます。

Googleアナリティクスでのアクティブユーザー数の調べ方

Googleアナリティクスでアクティブユーザー数を調べる方法は、主に以下の3通りがあります。

「ユーザー」レポートで調べる

ユーザーレポート「アクティブユーザー」

WEBサイト全体のアクティブユーザー数の外観を掴みたいときは、[ユーザー]→[アクティブユーザー]で調べます。

画面上部にチェックボックスがあり、チェックを入れることでアクティブユーザーの定義を変更することも可能です。

  • 1日のアクティブユーザー数
  • 7日間のアクティブユーザー数
  • 14日間のアクティブユーザー数
  • 28日間のアクティブユーザー数

折れ線グラフにも表示されるので、外観と施策による変化も合わせて確認しておきましょう。

「コホート分析」で定着率を調べる

ユーザーレポート「コホート分析」

WEBサイトへのアクティブユーザーの定着率を調べたい場合は、[ユーザー]→[コホート分析]と進みます。

画面上部の[コーホートのサイズ]というドロップダウンメニューからは、定着率の対象とする期間を選択することが可能です。

  • 日別
  • 週別
  • 月別

連載物を配信しているWEBサイトなどでは、定着率は特に重要な指標であると考えて良いでしょう。

アクティブユーザー率の目安【SNSアプリの例】

アクティブユーザー率の目安として、馴染みの深いSNSアプリを例にとって見てみます。

Twitter・Facebook・Instagramの月間アクティブユーザー数は、以下のとおりです。

・Twitter:73.2%
・Facebook:42.7%
・Instagram:60.6%

2020年最新版!Instagram、Twitter、Facebook、アプリ利用率まとめ|アプリごとに利用ユーザーの特徴が分かれる|App Ape Lab.

SNSは、アクティブユーザーと非アクティブユーザーがかなりはっきり分かれるサービスです。

アクティブユーザーは毎日のように利用し、非アクティブユーザーはほとんど触ることはありません。

こういった特徴も理解しつつ、あなたのWEBサイトのサービスと照らし合わせた上で参考にしてください。

アクティブユーザーを増やすための改善策

アクティブユーザー数を増やすには、現在のWEBサイト利用者を維持しつつ、新規ユーザーを獲得する施策が必要となります。

新規ユーザーをWEBサイトに呼び込む施策の中心はSEO対策でしょう。

検索エンジンから「何かを知りたい」と思ってWEBサイトを訪れるのは、ほとんどが新規ユーザーです。

ただ、それだけでは既存のユーザーがWEBサイトに定着してくれません。

施策の本質は、質の高いコンテンツ制作です。

質の高いコンテンツを提供することでユーザーはWEBサイトに信頼感を抱き、再び訪れようと思います。

小手先のSEOテクニックに頼るのではなく、本質的なコンテンツSEOを行ってアクティブユーザー増加を狙いましょう。

SEO対策に関する記事一覧

SEO対策については他の記事でも説明していますので、詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。

→ SEO対策に関する記事一覧ページ

まとめ:Googleアナリティクスでアクティブユーザー数を調べよう

今野 直倫

今回は、Googleアナリティクスのアクティブユーザーについて解説しました。本記事の要点は、以下のとおりです。

  • アクティブユーザー(AU)とは、特定の期間内にWEBサイトを1回以上訪れたユーザー数を表す指標
  • Googleアナリティクス上では、ユニークユーザー(UU)と同じ意味を表すことが多い
  • Googleアナリティクスでは単純な数だけでなく、定着率も調べることができる

この記事を参考にして、現状のアクティブユーザー数を確認した上で、具体的な施策を打っていきましょう。

この記事を書いた人

今野 直倫

今野 直倫

SEOディレクター / Webライター / コーヒー販売
コンテンツディレクターとしてSEO施策・KW選定・構成作成・校正校閲・進捗管理・ライター採用まで担当。コーヒーメディアで記事執筆も。個人ではコーヒー販売を行う。