Googleアナリティクス「ユニークユーザー数」とは?ページ別の調べ方も解説!

ユニークユーザー数とは?
今野 直倫

「ユニークユーザー数」は、Googleアナリティクスの基本的な指標です。

ただ、「ユニークユーザー数ってそもそも何?」「Googleアナリティクスでどうやって調べれば良いの?」そういった疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はそういった方へ向けて、Googleアナリティクスでのユニークユーザー数の調べ方について解説していきます。

ユニークユーザー数とはそもそも何なのかや、WEBサイトの改善に繋がる見方も紹介しているので参考にしてください。

Googleアナリティクス「ユニークユーザー数」とは?

ユニークユーザー数とは?

ユニークユーザー数は、WEBサイトに訪れたユーザー数を表すものです。

同じユーザーの重複した訪問を排除してカウントするので、ユーザーAが2回訪問してもユニークユーザー数は1となります。

つまり、ユニークユーザー数は、WEBサイトに訪問した純粋なユーザー数を表しているといえるでしょう。

以下、Googleアナリティクスでユニークユーザー数と似た概念を表す指標との違いを確認します。

ページビュー数との違い

ページビュー数とは?

ページビュー数とは、WEBサイト内のページが閲覧された回数を表す指標です。

例えば、ユーザーAがWEBサイトを訪問し3ページ閲覧した場合、ページビュー数は3となります。

ユニークユーザー数との違いは、ユーザーではなく「ページの閲覧」が集計の対象であるという点です。

セッション数との違い

セッション数とは?

セッション数とは、ユーザーがWEBサイトを訪問してから離れるまでの一連の流れを1単位とした指標です。

例えば、ユーザーAがWEBサイトに2回訪問したとすると、セッション数は2とカウントされます。

ユニークユーザー数との違いは、ユーザーではなく「WEBサイトへの訪問」が集計の対象であるという点です。

アクティブユーザー数との違い

アクティブユーザー数

アクティブユーザー数とは、一定の期間内にWEBサイトを訪問したユーザー数のことです。

例えば、集計期間が1日の場合、ユーザーAが昨日1回、今日1回訪問すると、それぞれの日でアクティブユーザー数は1ずつ計測されます。

ユニークユーザー数との違いは、計測期間が限定されているという点です。

ただし、実際には計測期間を限定して数値をチェックする場合が多いので、大きな違いはないといって良いでしょう。

【注意】ユニークユーザー数は純粋なユーザーの人数ではない

ユニークユーザー数は、WEBサイトに訪れたユーザー数を計測する指標のことです。

ただし、純粋なユーザーの人数ではないということを頭に入れておかなければいけません。

なぜなら、「ユーザー」はブラウザごとにカウントされているからです。

  • PCで「Internet Explorer」「Google Chrome」それぞれからアクセスした場合→ユニークユーザー数2
  • PCで「Google Chrome」から、スマホで「Google Chrome」からアクセスした場合→ユニークユーザー数2
  • PCで「Internet Explorer」「Google Chrome」から、スマホで「Google Chrome」からアクセスした場合→ユニークユーザー数3

ユニークユーザー数をチェックするときは、この点に注意して見るようにしましょう。

Googleアナリティクス「ユニークユーザー数」の調べ方

ユニークユーザー数は、Googleアナリティクスでは「ユーザー」として計測されています。

ユーザーを調べる方法は、主に「WEBサイト全体」と「ページ別」の2つです。

以下、それぞれの調べ方について具体的に見てみましょう。

WEBサイト全体のユニークユーザー数を調べる

Googleアナリティクスホームから、[ユーザー]→[概要]と進むと、WEBサイト全体のユニークユーザー数が分かります。

Googleアナリティクスのユーザーレポート「概要」

また、画面右上の日付をクリックすると、限定された期間のユニークユーザー数(=アクティブユーザー数)を調べられます。

Googleアナリティクスのユーザーレポート日付変更

ページ別にユニークユーザー数を調べる

ページ別でユニークユーザー数を調べる場合には、「カスタムレポート」の作成が必要です。

Googleアナリティクス「カスタムレポート」

Googleアナリティクスホームから、[カスタム]→[カスタムレポート]→[新しいカスタムレポート]と進みます。

以下のような設定で、カスタムレポートを作成します。

カスタムレポート作成画面

[保存]をクリックすれば、ページ別のユニークユーザー数を閲覧できるレポートの作成は完了です。

ページ別のユニークユーザーレポート

ユニークユーザー数をWEBサイト改善に役立てる

ユニークユーザー数の確認方法がわかったら、WEBサイトの改善に役立てましょう。

ユニークユーザー数は基本的な数字であり、かつWEBサイトにとって重要な指標でもあります。

以下のポイントを参考にして、WEBサイトの改善点を見つけてください。

ページビュー数と合わせて見る

ユニークユーザー数あたりのページビュー数が少ない場合、導線が上手く機能していないといえます。

なぜなら、導線が上手く機能していればWEBサイト内を回遊し、ページビュー数が増えるはずだからです。

具体的には、以下のような施策を行います。

  • 関連ページへの内部リンクを設置する
  • グローバルメニューを分かりやすくする
  • パンくずリストを設置する

ユーザーにWEBサイトを回遊させることができれば、コンバージョンに至る可能性も高くなります。

ユニークユーザー数を調べるときには、合わせてページビュー数もチェックしましょう。

コンバージョン率と合わせて見る

ユニークユーザー数のわりにコンバージョン率が低い場合、ターゲットとなるユーザーを呼び込めていないと考えられます。

いくらユーザーがWEBサイトを訪れても、紹介している商品・サービスに関心がなければコンバージョンに至りません。

具体的には、以下のような施策を行って改善します。

  • 商品・サービスのユーザー層を再定義する
  • コンテンツのキーワード選定をやり直す
  • 集客方法(検索・広告・SNS)を再考する

そもそも商品・サービスに興味のあるユーザーを呼び込めば、コンバージョン率は高まります。

ユニークユーザー数とともにコンバージョン率もチェックして、WEBサイトを改善しましょう。

WEBサイトの「ユニークユーザー数」を増やす方法

単純に考えると、ユニークユーザー数を増やせば母数が増えるので、コンバージョン数も多くなります。

ユニークユーザー数を増やすには、広告・SNSなどもありますが、基本的な施策はSEO対策です。

検索エンジンにWEBサイトを最適化することで、検索結果からWEBサイトへのアクセスを増やします。

SEO対策によってユニークユーザー数を増やすメリットは、以下のとおりです。

  • コンテンツを出すごとに集客力が積み上がる
  • 集客力が中長期で持続し、資産となる
  • 顧客育成を行うことができ、商品成約に貢献する

SEO対策の具体的な方法については以下の記事で解説していますので、そちらをご覧ください。

SEO対策に関する記事一覧

SEO対策については他の記事でも説明していますので、詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。

→ SEO対策に関する記事一覧ページ

まとめ:ユニークユーザー数を調べてサイト改善に役立てよう

今野 直倫

今回は、Googleアナリティクスでのユニークユーザー数の調べ方について解説しました。

本記事の要点は、以下のとおりです。

  • ユニークユーザー数とは、WEBサイトに訪問した純粋なユーザー数を表す指標のこと
  • Googleアナリティクスでは、WEBサイト全体・ページ別のユニークユーザー数を調べられる
  • WEBサイトの改善をする際には、ページビュー数やコンバージョン率などと合わせて見る

この記事を参考にして、ユニークユーザー数について理解を深め、WEBサイトの改善に役立ててください。

この記事を書いた人

今野 直倫

今野 直倫

SEOディレクター / Webライター / コーヒー販売
コンテンツディレクターとしてSEO施策・KW選定・構成作成・校正校閲・進捗管理・ライター採用まで担当。コーヒーメディアで記事執筆も。個人ではコーヒー販売を行う。