SEOに強い文章の書き方とは?集客効果を高める文章術!

SEOに強い文章の書き方とは?集客効果を高める文章術!
今野 直倫

Webサイト運営で必須のスキルともいえる「SEO対策」。

ただ、「SEOはなんとなく分かるけど、具体的な書き方は分からない」「SEOに強い文章の書き方を教えてほしい」そういった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はそういった方へ向けて、SEOに強い文章の書き方を徹底解説していきます。

この記事を読めばSEOに強い具体的な文章の書き方を把握でき、すぐにWebサイト運営に活かすことができるでしょう。

SEOに強い文章の書き方とは?

SEO対策

SEOに強い文章の書き方の基本としては、以下の2点が挙げられます。

  1. 検索エンジンが理解しやすいページ構成にする
  2. ユーザーの利便性を高めるコンテンツにする

SEOの評価は検索エンジンが行っているため、まずはロボットが理解しやすい整然とした文章を書くことが重要です。

一方で、検索エンジン(Google)はユーザーの利便性を1番に考えているため、価値の高い文章を書くことも求められます。

これらを満たすためには、実際に執筆に入る前の下準備が欠かせません。

文章を書く前のリサーチ

文章を書く前に、作成するコンテンツに対して綿密なリサーチを行います。

なぜなら、ユーザーの求めるコンテンツを作成するには、ユーザーのニーズを満たす必要があるからです。

リサーチするポイントは、主に以下の2点に大別されます。

  • 競合ページの調査
  • コンテンツ内容の下調べ

まずは、競合ページがどのような内容を含み、そして含んでいないのかを調べます。

内容的に足りない部分を見つけたら自社のコンテンツに含むことで、競合ページより利便性の高いページを作成できます。

また、コンテンツに盛り込む情報やデータを調査しておくことで、質の高いコンテンツにしましょう。

SEOに強い構成の作り方

SEOに強い文章を書く上では、その骨組みとなる構成作成が非常に重要となります。

なぜなら、構成の段階で文章に盛り込む内容は、ほとんど決まってしまうからです。

具体的には、最低でも以下の情報はリサーチして、構成に盛り込むことを心がけます。

  • 競合上位10ページの内容
  • サジェストワード
  • 関連キーワード

これらの内容は、検索ユーザーが求めている内容なので、自然な範囲で構成に盛り込むようにします。

リサーチ・構成作成の方法については、以下の記事で解説していますので合わせてご覧ください。

SEOに強い文章の書き方【8つのポイント】

SEO記事の書き方

ここからは、実際にSEOに強い文章を書く際に、実践したい具体的な書き方を解説します。

理由と具体例を挙げながら、すぐに取り入れられるように紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

検索意図に沿って組み立てる

SEOに強い書き方で、本質的に最も重要になるのが、ユーザーの検索意図を捉えることだといえます。

なぜなら、検索結果に表示されるページは、ユーザーの検索行動に対するアンサーだからです。

例えば、「SEO対策 とは?」で検索する場合、以下のような流れが想定されます。

  1. SEO対策ってそもそも何?
  2. 意味はわかったけどイメージが湧かない
  3. SEO対策はわかったけど取り入れるメリットは?
  4. デメリットはないの?
  5. 具体的にどのように取り入れるの?

こういった検索意図に沿って文章の流れを組み立てることで、ユーザーに最適な答えを提供することができます。

結論・理由・具体例の順で書く

SEOに限らずですが、文章は「結論→理由→具体例」の順で書くと読み手が理解しやすいです。

これは、PREP方と呼ばれる文章術で、ビジネスシーンなどでも好んで利用されます。

結論→理由→具体例の順で書いた文章例が、以下です。

SEOに強い文章を書く上では、その骨組みとなる構成作成が非常に重要となります。なぜなら、構成の段階で、文章に盛り込む内容はほとんど決まってしまうからです。具体的には、最低でも以下の情報はリサーチして、構成に盛り込むことを心がけます。

結論を先に出すことで何について話しているのか明確になり、理由で論理的な理解を、具体例で感覚的な理解を促します。

キーワードを自然に含める

SEO対策の最も基本的な施策が、文章中にキーワードを含めることです。

検索エンジンはキーワードを中心にページの内容を判断し、検索結果に反映しています。

例えば、「Google理念 SEO」で検索をすると、上位ページのタイトル・本文には「Google理念 SEO」が含まれています。

「Google理念 SEO」

キーワードが文章に含まれていることは、その文章がキーワードについて説明していることを端的に示します。

SEO対策を行うのであれば。これは確実に押さえておきたいポイントです。

必要十分な文字数で書く

SEOに強い文章を書くには、そのキーワードに対して必要十分な文字数で書く必要があります。

なぜなら、文字数があまりにも少な過ぎると、キーワードについて十分な説明ができないからです。

例えば、「Google理念 SEO」で上位表示されているページのほとんどは、5,000〜7,000文字で書かれています。

キーワードについてユーザーが知りたい情報を過不足なく届けることで、満足度の高いコンテンツとなるでしょう。

信頼できる情報ソースを利用する

コンテンツに盛り込む情報や、掲載するデータについては、信頼できるソースから引用します。

なぜなら、誤った情報および不確実な情報は、ユーザーにとってやくに立たないからです。

具体的は、以下のような媒体から引用すると良いでしょう。

  • 政府系のWebサイト
  • 上場企業の調査結果
  • 論文・書籍など

上記の情報ソースは、一般的に信頼性の高い媒体なので、コンテンツの質を高める上で非常に重要です。

体験談、実体験を用いる

上記と同じ理由で、筆者・Webサイト運営者の体験談、具体例を用いることも有効です。

実際に体験した事柄は一次情報となるため、コンテンツ内容として説得力があります。

例えば、お医者さんが経験をベースに書いた医療情報の記事であれば、誰もが安心して読むことができるでしょう。

何かしらの分野での経験が豊富なのであれば、その経験をコンテンツに盛り込むことをおすすめします。

読者が読みやすい文章を書く

読者にとって読みやすい文章を書きましょう。

なぜなら、検索上位を狙ったページであっても、本質的には読者が読む「読み物」だからです。

繰り返しになりますが、Googleはユーザーを第一に考えているため、ユーザー目線の書き方は非常に重要です。

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。

Google が掲げる 10 の事実

検索エンジンだけを意識した、機械的なSEO対策は現代ではほとんど通用しません。

オリジナルの画像を掲載する

質の高い文章を書くとともに、利便性を高めるオリジナルの画像を掲載することも検討します。

なぜなら、Googleの画像認証技術は年々上がってきており、画像の内容が検索順位に影響を与えることがあるからです。

具体的には、以下のような画像が有効だと考えられます。

  • 手順や方法を示した図解イラスト
  • 商品・店舗などのオリジナル写真

画像を掲載する際は、alt属性を記載することもSEO対策を行う上では重要です。

alt属性については以下の記事で詳しく解説していますので、そちらも合わせてご覧ください。

SEO文章を書く際に気をつけること

気をつけること

最後に、SEO対策を施すページにおいて、特に気をつけるべきことを紹介しておきます。

せっかく作成したページが無駄にならないように、以下の3つのポイントを押さえてください。

キーワードを詰め込まない

キーワードを含むことは大事ですが、闇雲に詰め込まないようにします。

なぜなら、キーワードを無理に詰め込んだページは、Googleにスパムと判断される可能性があるからです。

これは、かつて「ワードサラダ」という手法として悪用されていましたが、今では全く効果がありません。

キーワードはあくまでも自然な範囲で含むようにしましょう。

コピーコンテンツを作成しない

上位表示されているページのコピーコンテンツを作成しないようにします。

なぜなら、Googleは検索結果に多様性を求めており、同じ内容のページは2つと表示しないからです。

構成作成の段階で競合ページを参考にし過ぎると、意図せずコピーコンテンツとなる場合があるので注意が必要です。

参考にするのは良いですが、コピペなどをしないように心がけてください。

定期的に見直してリライトする

作成したページは、定期的に見直してリライトをします。

なぜなら、作成したページが的確にユーザーニーズを捉えられているとは限らないからです。

具体的には、狙ったキーワードとは別のキーワードで上位表示されていたり、ニーズに対する情報が足りなかったりすることが多々あります。

ページは一度公開したら終わりではなく、動向を見ながら調整していきましょう。

リライトの具体的な方法については、以下の記事で詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください。

まとめ:SEOに強い文章で集客効果を高めよう

今野 直倫

今回は、SEOに強い文章の書き方を徹底解説しました。

本記事の要点は、以下のとおりです。

  • 実際に執筆に入る前のリサーチ・構成作成が超重要
  • 検索エンジンだけでなくユーザーを意識した書き方を心がける
  • Googleのペナルティに引っかからないように注意する

この記事を参考にして、SEOに強い具体的な文章の書き方を把握し、Webサイト運営に活かしましょう。

この記事を書いた人

今野 直倫

今野 直倫

SEOディレクター / Webライター / コーヒー販売
コンテンツディレクターとしてSEO施策・KW選定・構成作成・校正校閲・進捗管理・ライター採用まで担当。コーヒーメディアで記事執筆も。個人ではコーヒー販売を行う。